はーとろく

和歌山でチョークアートをやっています。
ブログは主にチョークアートについて書いていきたいと思います。

記事一覧(39)

比べる

今月頭にグループ展があって、比べなくても嫌でも自分の足りない所が浮き彫りに見えて、それは誤魔化しようがなくて。グループ展の作品を仕上げるとき、なんか黒板の地肌の粒々の塗り残しのようなのが気になって、それをカバーしようとすると色が乗らなくなって、なんとか仕上げたものの、気持ち的にはちょっと引っかかってて…、先生にも色がボケてるというか、くすんでいて、それが味と言えば味なのかもしれないけど、チョークアートの発色の良さは生かせていないと指摘を受けていました。自信なさげに見える。と前回のグループ展の時に既に発色は感じていたようで、更にひどくなっているとのご指摘、あや💧ほぼ図星。前回は自分でも気づいてなかったけど、最近はなんかパリっとしない自覚はあった。描いてるうちに塗り方に我流な変な癖がついてしまっているのだろうか…。資格を取り立ての頃は出来ていたのに。資格を取ったら終わりではなく…というようなことを先生のブログだかInstagramで発信していたので、あー私だ💦とグループ展に出してた他のメンバーもInstagramなどでどんどん作品を発表したり、1日一枚のミニボードを描く❗️と目標を挙げている方がいたり、焦ります💧今は何を描いてもくすんでるように思う💧とりあえず、基礎をもう一度習うべく、以前買っていた数冊のチョークアートの本の裏についているパターンをボードに片っ端から書き写し、塗り方のテキストを見ながら、塗ってみたりしている。色んな先生のがあるので、違う画材で描かれた本は塗り方も違ってくるので全く本の通りには塗れない部分もあるけど、そこは試行錯誤しながら、モニークの塗り方を基本に考えて。パターンを写していてると下絵でしっかり描くところと、端折れるところなど、自分だったらここでもっと精密にしなきゃとか迷いそうだけど、こんなシンプルめいいんや💡とか目からウロコなとこがいっぱい。自分では使わない色のセレクトや題材。友達が以前くれた端材の約28㎝  ×  130㎝のボードに詰め詰めに書けるだけ書き込んで

まさかの…

まっしゅあーと門下生による作品展、無事終わりました。足を運んで下さった皆様ありがとうございました❣️最終日はポポロハスマーケットのイベントも重なり沢山の方に作品を見ていただき、またワークショップも大盛況でした。今年は私だけでなく、他の生徒さんもワークショップのお手伝い。私以外はワークショップは初めてなのでめちゃ緊張したのではないでしょうか…なんといっても経験済みの私ですら緊張してあたふた💦一番慣れているであろう私も山のように先生からのダメ出し。もっと声出して、一箇所描けたらその度にオーバーなくらい褒めてあげて。などなど、絵もめちゃめちゃダメ出しされました。的確なアドバイス。他の生徒さんたちとも沢山お話しして色んな作品見ていっぱい刺激を受けました。来年も作品展があるなら来年はもっと先生に心配されないように成長しなくては。他の皆さんも先生からの沢山アドバイスされてたけど、私が一番心配されてる気がした(汗)先生作品展の終わりに、今回はみんなそれぞれに相当厳しい事も言いました。ちょっと言い過ぎたかなぁって心配してます💦でも成長してほしいからあえて言いました、落ち込んだ人もいるかもしれないけど、日々頑張って下さい!って、帰り、数人の生徒さんとで駐車場までの会話で、それぞれにみんな先生の愛を感じとってました。私もちゃんと心に響いてます!って言えるように行動しなきゃです。さて期間中、大変な事が発覚(汗)次の画像、よくご覧ください。